築30年の自宅マンションの売却体験談

マンションを売却して失敗した体験

リフォームで売りやすくする希望価格で売るのは難しい無事に売却し老人ホームに入れたマンションを売却して失敗した体験

マンションを数年前に売却しましたが、はっきり言って失敗したと思っています。私はたまたま職場から近かった不動産会社に相談をして、そのままの流れで契約を結んでしまいました。1か月程度でマンションが売却できたので、その時には満足していました。それから数か月後になって、後悔が襲ってきました。インターネットでたまたま不動産一括査定の記事を見かけたことがきっかけです。「今は一括査定などを利用して複数の会社に査定してもらうのが一般的なのか」と思いました。さらに、口コミに「数百万円もの差があった」と書いてあるのを見て、私が売却したマンションも実は数百万円高い価値を持っていたのかもしれないと思ったのです。 私が保有していたマンションの売値が適正価格だったのかどうかは、実際のところわかりません。過去に戻って査定をしなおすわけにもいきません。適正価格で売れていたのならなんの不満もないのですが、もしも相場よりもかなり安く売却されてしまっていたのだとしたら数百万円を返してほしいと思います。もちろん、そんなことを言っても仕方がなく、しっかりと比較をしなかった自分のミスです。職場から近い不動産会社に相談をして、ほとんどすべてのことを担当者にまかせていたので手間を省けましたが、省けた手間以上の損をしていたのかもしれません。